サラ金は悪徳業者?間違った口コミの情報

カードローンやキャッシングの口コミがネットで盛んですので、お金を借りたい場合に、情報収集として口コミを有効活用することができますが、口コミには間違った情報もよく紛れ込んでいますから注意するようにしましょう。間違った情報の一つに、サラ金があります。カードローンやキャッシングの知識をある程度持っている人の口コミならばまず間違えることはありませんが、あまり知らない人だとヤミ金と混同して、サラ金の言葉を使ってしまうことがあります。サラ金というのは、サラリーマン金融の略語です。サラリーマン金融という名称のサービスが実際にあるわけではなく、あくまでも俗語です。貸金業者を指す言葉として、昔はよく使われていました。貸金業者が提供する個人向けの小口融資の利用者にサラリーマンが多かったために、この俗語が使われていた経緯があります。

サラ金は貸金業登録を済ませている業者が行っているサービスですので、悪徳業者ではありません。混同して間違えられやすいヤミ金ですが、こちらは完全な悪徳業者です。きちんと審査をせずに返済能力がない人に対しても貸付を行い、法外な高い金利を設定してしつこい取立を行う手段がよく見られます。取立が非常に激しく、恫喝したり、本人の家族や親戚、職場にも嫌がらせの電話をかけるなどの違法なやり方で、お金をむしり取ろうとします。ヤミ金は論外ですが、サラ金は一般的な会社と全く一緒で、法律と契約に基づいて融資サービスを利用できますから、安心しましょう。しかし、評判が決して良いものではなかった時代もありました。法律の穴を利用して、グレーゾーン金利という利息制限法を越える高金利で貸付を行っていた業者が多く、返済に困窮した人が続出した経緯があります。今は出資法が改正されたためグレーゾーン金利が消滅し、安全にサラ金から借りられますが、もしもグレーゾーン金利が存在した時代にお金を借りた経験があるなら、過払い請求について専門家に相談することをおすすめします。